2011年03月05日

セリバオウレン


セリバオウレン  何だか気取った名前の花が花火のように咲いている
やや薄暗い落葉樹の下で咲く姿は江戸時代(見たわけではないけれど・・)の
花火のようである。色のない花火を見上げてタマヤーといった気分である(笑)

セリバオウレン Coptis japonica (キンポウゲ科 オウレン属)
セリバオウレンは背丈10cmほどの小さな多年草で、本州と四国に分布している
葉はすべて根生し、2回3出複葉となり、セリの仲間の葉のようになる。
早春に根茎から花茎を伸ばし、白い花を3つ程度つける。
花を咲かすと共に新しい葉を出し、古い葉が枯れる。
花は直径は1cmほど。萼片は5〜7個。花弁は8〜10個。白い花弁のように見えるのは萼。



11-3-3hana1-1w.jpg


11-3-3hana1-2w.jpg


11-3-3hana1-3w.jpg


11-3-3hana1-4w.jpg


11-3-3hana1w.jpg
posted by ぱふぱふ at 07:33| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。