2011年05月22日

風と友達

ほんの一瞬を切り取る・・綿毛の旅立ち〜〜急に吹いてきたかなり強い風に
シャッター速度と風の流れがうまく合わなくてもう少しリアルな綿毛が
写したかったのですが一瞬の出来事なかなかうまく行きませんね
タンポポの綿毛を見るとつい遊び心がわいてカメラを向けてしまいます


11-4-29hana4w.jpg


11-5-3hana26-1w.jpg



11-5-8hana8-2w.jpg


11-5-8hana8-3w.jpg


11-5-8hana8-4w.jpg


posted by ぱふぱふ at 08:33| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

フランスギク

フランスギクは花も大きく見栄えも良いので園芸種と思い込んでましたが
れっきとした野の花で、あちこちに自生しているそうです
ヨ−ロッパ原産で江戸末期観賞用に渡来し寒さに強く日本の冬を越せる事と
その強い繁殖力で野生化し、現代では暑い地方を除いて日本中に広がっている
この花と花の形がそっくりで葉の形が異なるマーガレットと呼ばれる園芸種の花があります
普段フランスギクを見ても誰もがマーガレットだと思うほど似ています
ややこしい事にはフランスギクもかってはマーガレットと呼ばれたじきもあったそうです
フランス語でMargueritaeと呼ばれ、これから日本でもマーガレットと呼ばれ
今でもマーガレットと呼ぶ人も多い。
一方、マーガレットはカナリア半島原産で明治時代渡来し
日本名はモクシュンギク(木春菊)と呼ばれます
羽状に裂ける葉の形が春菊に似て、茎が木質化するのでこの名があります
原産地からも分かるように暖地の花で、日本の冬を越す事はできず、野生化することはない
似ているけれど詳しく知ると随分違いがあるものですね



11-5-8hana15-2w.jpg


11-5-8hana15-1w.jpg


11-5-8hana15-3w.jpg


11-5-8hana15-4w.jpg


11-5-8hana15w.jpg
posted by ぱふぱふ at 08:41| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

もみじ

モミジといっても色々な種類があって・・若葉一つとっても
赤い色からみどり色になり秋にまた赤くなるものや
白っぽい葉っぱに緑色が濃くなるものや
最後の葉っぱのように淵から次第に赤くなるものなど・・
そして今実りの種も大きさもバラバラ
それだけ見る側にとっては楽しい限りではある

11-5-8hana16-1w.jpg


11-5-8hana16w.jpg


11-5-8hana4w.jpg


11-5-8hana4-5w.jpg


11-5-8hana4-3w.jpg


11-5-8hana4-2w.jpg


11-5-8hana4-1w.jpg
posted by ぱふぱふ at 08:43| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。