2011年05月08日

ハナイカダ

ハナイカダ 水木(みずき)科 学名 Helwingia japonica
Helwingia(ヘルウィンジア)は18世紀のドイツの牧師
「Helwing さん」の名前にちなむ。

なかなか見かけない貴重な木ですが、春に、葉の真ん中あたりに花をつけ、
夏に同じ場所に黒っぽい実をつける。
葉の中央につく花を、筏に人が乗った姿に見立てたネーミング。
「花筏」と聞いて思い浮かぶのは、桜の花が散って花びらが水に帯状に
浮かんで流れるさまを「筏」に見立てていうことばがありますが・・・
この花を知ってからはこちらも思い浮かぶよいうになった不思議な花です。




11-4-28hana24-2w.jpg


11-4-28hana24w.jpg,br>

11-4-28hana24-1w.jpg


11-5-3hana4-2w.jpg


11-5-3hana4-3w.jpg


11-5-3hana4-4w.jpg


11-5-3hana4w.jpg
posted by ぱふぱふ at 07:42| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。