2011年06月10日

トキ草と八丁トンボ

トキ草
蘭科の多年草で野生蘭です 頂部に包葉を出し花を横向きにつける2〜3cmの小さな花です
花の色がいわゆる鳥の朱鷺の羽の色を思わせることからついたとされる名前
俳句の季語にもなる花です こんな句があります
「朱鷺草の見上ぐる空の青さかな」神田長春


11-6-4hana15w.jpg


11-6-4hana15-4w.jpg


11-6-4hana15-2w.jpg






ハッチョウトンボ
世界的のも小さいい部類のトンボ
成虫の体長は雄で20mm、雌で18mmほどで極めて小さい よく比較される話に1円硬貨の直径と同じだと〜
たしかに大きさがよくわかる表現ですが、体全体が真っ赤(オス)で湿原をよく見渡すといたるところに
止まって日を浴びています・・雌は薄黄色の縞模様で雄のように簡単に見つけられない
じっくりそろ草周辺を探すと止まっていて日の強い日が比較的よく出会える


11-6-4tombo1-1w.jpg


11-6-4tombo1w.jpg
posted by ぱふぱふ at 09:01| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。