2011年09月03日

インパチェンスとプルメリア

ホウセンカの名前はよくご存じでしょうが同じ仲間です
種子が勢いよくはじけて飛ぶのが面白くて
子供ころは種をゆすってははじけさせて遊びました

学名 Impatiens sultani atiens :
インパチェンス (Impatiens) は、アフリカ原産で
フウロソウ目ツリフネソウ科ツリフネソウ属アフリカホウセンカ種の非耐寒性一年草
初夏から秋までパステルカラーの淡い色の花を咲かせ続けます
手入れが簡単で丈夫で長持ちするのでゼラニウムと共にベランダで良く見かけます
日当たりが悪い場所でも開花する優れものです



11-8-28hana11w.jpg


11-8-28hana11-4w.jpg


11-8-28hana11-3w.jpg



学名:Plumeria(キョウチクトウ科プルメリア属の総称)
英名:Temple tree(熱帯各地では街路や公園や寺院などに植えられることから)
茎は多肉質で折れやすく,白色の乳液を分泌します。乳液は有毒ですが,薬用にするともいいます
花に芳香があり,ハワイやタヒチではレイに使われます。
熱帯アメリカに 8 種類分布しますが,品種が多いようです
熱帯では四季咲きですが,日本では温室で栽培され夏に花をつけるようです。



11-8-28hana8w.jpg


11-8-23hana15w.jpg
posted by ぱふぱふ at 07:56| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。