2011年10月11日

ローゼル

ローゼル  アオイ科   学名:Hibiscus sabdariffa
英名:ローゼル(roselle)

インドからマレーシアが原産ですが、早い時代にアフリカに導入され
現在では熱帯・亜熱帯地域で広く栽培され、また帰化もしています
茎はふつう赤みを帯び、高さは2〜3メートルになります
葉は楕円形で3深裂し、互生します。短日植物で、9月から11月ごろ
葉腋にクリーム色の花を咲かせます
花弁の基部は暗赤色です。萼片は暗赤色で肥厚し、これが食用となります
ジャムや西洋料理のソース、ハイビスカスティーなどに利用されます

最後の写真は,花の後の実を包んでいる萼の写真です
最近ののハイビスカス・ティーは実は,ローゼル・ティーが多いそうです。




11-10-08hana12w.jpg


11-10-08hana12-3w.jpg


11-10-08hana12-1w.jpg


11-10-08hana12-2w.jpg


11-10-08hana12-4w.jpg
posted by ぱふぱふ at 08:37| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。