2011年11月17日

似て非なるもの

似てるようで全く違うもの・・・

初めの花は・・ユーパトリューム・チョコラータ

秋の七草 藤袴(フジバカマ)の一種。新芽、葉脈、茎などが紫色で
シソの葉に似た葉がとっても美しい植物です。
そのシックな葉に、繊細な真っ白の花が浮き上がるように映えます。
ちょっとアゲラタムに似ていますが、同じ花ではありません!

開花期としては秋の花ですが、耐寒性、耐暑性ともに強く
とっても丈夫で育てやすく、木陰などでも毎年咲いてくれます



11-11-3hhana20-2w.jpg


11-11-3hhana20-1w.jpg


11-11-3hhana20w.jpg


次の花は・・ベニバナボロギク
別名・南洋春菊と呼び第二次大戦の南方にいた兵士が食用にしたそうです
赤い花を咲かせ、花が終わるとボロのような綿毛をつけるキクからついた名前だそうです
花の咲き方がひょうきんで・・何かを見つめているようでしょう
綿毛が飛びそうだったのでしばらく待ったけど・さっきまで風で飛んでいたのに見つめると
全く風がやんでいくら待っても飛んでくれなくてかろうじて写せたのが最後の写真(笑)


11-11-3hhana4w.jpg


11-11-3hhana4-1w.jpg


11-11-3hhana4-2w.jpg
posted by ぱふぱふ at 08:57| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。