2012年05月09日

はないかだ

ハナイカダと聞くと真っ先に思いだされるのが
桜の花びらが散って水に流されてゆく様子を思い浮かべるそうですが
ここで登場する花筏はれっきとした花の名前です
各地の山林の湿気のある場所にはえて葉の先が尖りギザギザがあります
若葉は山菜として食べられるそうです
5月頃に葉の中央に薄緑色の小さな四弁花を咲かせます
雄花は数個、雌花は一個が葉につき写真の上三枚が雌花
葉の上に咲く花を筏に見た立ててついた名前が如何にも風情がありますね

12-4-29hana38-1w.jpg



12-4-29hana38-8w.jpg



12-4-29hana38-11w.jpg



12-4-29hana38-3w.jpg



12-4-29hana38-6w.jpg



12-4-29hana38-7w.jpg



12-4-29hana38-4w.jpg
posted by ぱふぱふ at 08:56| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。