2012年07月03日

ハッチョウトンボ

ハッチョウトンボは、画像で拡大してしまうと普通の赤トンボに見えますが
はねの長さは15mm、体長2cmほどの小さなトンボです
雄は成熟すると画像のように鮮やかな赤色になり、雌は麦藁色であまりめだたない
雄は小さな水たまりの近くになわばりを作るので発見するのはたやすいですが
雌は付近の草むらなどに移動するので出会うことは雄に比べて少ないようです


12-6-17tombo1-4w.jpg



12-6-17tombo1-7w.jpg



12-6-17tombo1-6w.jpg


12-6-17tombo1-3w.jpg



12-6-17tombo1-5w.jpg




12-6-17tombo1w.jpg


12-6-17tombo1-1w.jpg


posted by ぱふぱふ at 09:26| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば
今年
トンボみてないな (。・_・。)ノ♪
Posted by 「せ」 at 2012年07月03日 12:55
ハッチョウトンボ。雄は目玉まで真っ赤ですね。
翅も生え際の方はスプレーがか、
かってしまったように赤いんですね。
以前鷺草の池の近くで出会ったことがあります。
小さくて可愛らしい蜻蛉ですね。
Posted by 和さん at 2012年07月03日 20:21
ハッチョウトンボ小さくて見つけたときは嬉しくなってしまいますね。

以前私のブログにアップしたのは、これから雄か雌になるという段階のハッチョウトンボと、教えてもらったのです。
色が雌かと思ったのですが・・・。
トンボの雌雄にそんな過程があるとはビックリでした。
Posted by ちーちゃん at 2012年07月04日 01:01
「せ」さん・・・

そうですか・・トンボもこれからですね
たくさん飛ぶようになってきましたから〜
Posted by ぱふぱふ at 2012年07月04日 08:39
和さん・・・

同じ赤いトンボでも羽や顔つき色のかかり具合
それぞれ違いがあって・・虫に興味のある方には
楽しい題材ですよね・・
そうそう〜そういえば間もなくですね・・
サギ草もシラタマホシクサも〜
そこに赤い八丁トンボ絵になります
Posted by ぱふぱふ at 2012年07月04日 08:42
トンボの中で最も小さい種類で・・
しかもこの中部地方がメインですから
比較的見つけやすいはずですが・・意外といない
でも東山や豊橋などではたくさんいますね

鳥の中にもオスメスが決まらない状態で
成長しながら変わってゆくカモ類など有名ですね

興味を持つと色々なことが関わってきて
更に興味がわいてきますね
Posted by ぱふぱふ at 2012年07月04日 08:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。